So-net無料ブログ作成

鉢サイズの選択 [固定]

鉢の種類やサイズは何を基準に選べばよいのかに関しては、
2つの考え方があると思います。
ひとつは見栄えです。
つまりインテリアとしてサボテンと鉢を飾るわけですね。
もうひとつは、サボテンが元気にすくすくと成育するために選択する考え方です。
ここでは(もちろん)後者の立場で解説します。

生育に適した鉢の条件というのは、ほぼ決まってきます。
専門に栽培をやられている方や、農家や業者の方も、
ほぼこのスタイルに沿っているのではと想像しています。
その選択基準を列記してみます。

(1)鉢のサイズ(口径)
   ほぼ、苗の径+2cm程度の口径
(2)鉢の素材、色
   プラスチック製、色は黒
(3)鉢の形状
   ラン用の縦長の鉢

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

補足の説明

(1)鉢のサイズ
 サボテンにとっていい環境とは、用土に湿りけがあり、
 水を吸えると同時に、根が呼吸する空気層があることだろうと思います。
 根も呼吸して生きていますので、水がビチャビチャと鉢内にある環境では、
 呼吸できずに根は詰まって、根腐れの原因となるはずです。 
 さて、大きすぎる鉢に植えつけられたサボテンは、
 水やりのあとで、なかなか乾かない鉢内の環境に苦闘すると思います。
 水やりの水分は、結局のところ鉢内で根に吸収されるか、
 少量蒸発するしか消費されません。
 大きすぎる鉢は根詰まりの元になります。
 自分は、鉢のサイズと苗のサイズは下図のような関係に
 なるようにしています。
 つまり苗より1cmほど大きな口径の鉢を選びます。


鉢2.jpg

  ★なお、鉢のサイズに関しては関連記事が下記にもあります。
   よろしければご参照ください。
   →鉢の大きさについての考察(2009/07/26)
   →寄せ植えの効果(2014/01/26)
   →鉢内の乾燥(2015/01/14)


(2)鉢の素材、色
 プラスチックがいいと思われるのは、水を吸わないということです。
 素焼きの鉢などは水が吸われて浸みてしまうため、その水分蒸発で
 鉢が冷えます。根はできるだけ暖めたほうが活性が高いようです。
 色が黒を推奨するのも、熱を吸収してよく暖まるからです。
 また熱容量の点でも、プラスチックは暖まりやすいと考えてます。

(3)鉢の形状
 これは経験的な知見ですが、鉢の長さ(高さ)が長いほうが、
 水やり時の水はけがいいようです。水柱の長さによるものと
 考えてます。その分、新鮮な空気の吸い込みがおこなわれると
 思います。


★なおアップした栽培法記事は、ブログの左サイドメニューに
 固定記事としてリンクを張っています。

CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。

サボテンバナー1.jpg

■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします! BLOGを書く励みになります。       ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

サボテン ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0