So-net無料ブログ作成

寄せ植えの効果 [栽培]

実生してからある程度のサイズ(3~4cm)に育ったら、
5号鉢くらいの鉢に3本~4本の寄せ植えにしています。
経験的にこのくらいの苗サイズと鉢サイズが
バランスがいいようで、よく育つように感じています。

そのバランスとは何を指すのかですが、
鉢内の湿度があるレベルで一定期間保たれることです。
水やりをした直後は、鉢内はびしょびしょで過湿状態です。
また根は冷えてしまいます。
この過剰な水分は、鉢穴から外部に出て行くこと、用土の表面から
蒸発すること、根が吸収することで、しだいに失われていき、
サボテンの根にとって好適な湿度、温度の状態になっていきます。

鉢が大きすぎると、鉢内の水分はなかなか抜けず、
根が温まらないこともあり根が傷むことが多いようです。
また、鉢が小さすぎると、根が水分を吸収すると、
すぐにも鉢内が乾燥し、生育に必要な適度な湿度、温度の条件の
持続時間が、短く終わってしまいます。
このため生育が良くありません。
したがって苗のサイズに対して、ちょうどいい鉢のサイズというものがあって、
その辺のバランスが成長にはとても重要だと考えています。

そんなわけで5号鉢に3本寄せ植えにするのは、
経験上バランスが良いようで、よくやります。
鉢がぎゅうぎゅうになるほど育ってきたら、
ひとり立ちさせて1本ずつ鉢に植えますが、
このタイミングを早まってしまうと、5号鉢よりちいさいな鉢になるため、
乾燥しすぎの環境となり生育が止まることもあります。


sr20140123P0000001.JPG

緋冠竜の実生苗の3本植えです。


sr20140121P0000002.JPG

こちらは兜丸。


sr20140121P0000001.JPG

王冠竜の寄せ植えです。フェロも一緒に植えています。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!

BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0