So-net無料ブログ作成

尖ったものは魅力的 [生態]

年末からバタバタとしていて心ここにあらずという状態でした。
新年となりました。
改めまして、おめでとうございます。
一休禅師の歌に、正月はめでたくもあり、めでたくもなし、というものが
ありますが、なぜ新年がめでたいのか、よく考えると不思議な事です。
いちおう、新たなもののスタート。
めでたいのです。

さてサボテンや植物の魅力はその形態にありますが、
その中でも尖ったものの魅力がその一つであると思います。
(ほかには丸いもの)


sr20170101DSCN0015.JPG

↑ メリコ錦の育ちすぎた苗ですが、葉の先端や側端に、
 鋭いトゲが発達してきて、刺さるととても痛い目にあります。
 かつてこの刺を足のスネに刺してしまい、外科に行って、
 スネに潜り込んだ刺を抜いてもらったことがあります。
 なぜ植物の刺は鋭いのかを考察したことがあります。
 それは簡単なことでした。刺は先端から細胞レベルで成長するからです。
 とても小さな先端が出てきて、その後しだいに根本が形成されるのです。
 逆ではありません。


sr20170101DSCN0012.JPG

↑ 宝草錦ですが、けっこう鋭い先端を持っています。
 でも触れても全く痛くありません。柔らかいのですね。


sr20170101DSCN0026.JPG

↑ 日の出丸の小苗。盛んに新トゲを出しています。
 当たり前ですが、刺の先端から形成されます。
 このカギ刺に引っかかるとかなり痛いです。
 日の出丸の刺を、釣り針に使っていたという話があります。
 魚はガッツリと刺に引っ掛けられてしまうのだろうなぁ・・・





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■この記事いいなと思われたら、ぜひポチッと!
BLOGを書く励みになります。
    ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
1月2日 195 493
1月計 429 1,122
累計 1,753,178






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

シゲ君

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
しばらくブログの更新が無かったので、体調でも崩されたのかと心配しておりました。
ブログの更新が有り安心しました。
今年もブログを見て勉強させていただきます。
by シゲ君 (2017-01-05 10:15) 

saborich

あけましておめでとうございます。
ご心配をおかけしました。
多忙な日々がありましたが、大丈夫です。
本年もよろしくお願いいたします。


by saborich (2017-01-05 18:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0