So-net無料ブログ作成
検索選択

窓辺に退避した観葉植物 [栽培]

冬の窓辺は、いろいろな植物で賑やかになります。
サボテンばかりでなく多肉植物や観葉植物などが、
所狭しと並べられます。信州の冬はけっこう寒くて、
野外栽培はちょっと無理です。

そんなわけで室内から窓辺の植物たちを眺める機会が多いのですが、
きれいな陽の光を逆光気味に浴びて、美しい植物の形態に
ハッとすることがあります。


sr20170104DSCN0003.JPG

↑ かなり前に娘からプレゼントされた観葉植物。
 オーガスタという種類らしいのですが、丈夫です。
 ただもう少し暖かい環境で栽培すると葉がたくさん茂るようです。
 この株は、しだいに大きくなり株が別れてきて葉をのびのびと
 広げています。


sr20170104DSCN0006.JPG

↑ 蘭のギンギアナムが冬になると花茎を伸ばしてきて、
 そこにたくさんの白い花をつけます。
 画像のものは初期のつぼみの姿で、やがて
 半月状の変わった形のつぼみになり開花します。


sr20170104DSCN0007.JPG

↑ こちらもギンギアナム。このつぼみが後期の形。


sr20170104DSCN0009.JPG

↑ 君子蘭の花が咲き、めずらしく結実しました。
 たくさんの株を栽培していますが、このような結実を
 見るのは初めてです。株が弱るそうですが、
 種も見てみたい気がするのでそのままです。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■この記事いいなと思われたら、ぜひポチッと!
BLOGを書く励みになります。
    ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
1月11日 221 552
1月計 2,798 7,571
累計 1,758,783






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0