So-net無料ブログ作成
検索選択
サボテン品種 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

赤いトゲの緋冠竜を眺める [サボテン品種]

緋冠竜は好きなサボテンで、かなり実生もしたので、
苗の数はどのくらいあるやら・・・
しかしこの緋冠竜、名前とは裏腹に赤いトゲのものはあまりありません。
新トゲはきれいな紅色ですが、トゲが伸長するにつれて、
色素が薄まっていき、やがてうすい赤だったり、白と斑になったり。
下の画像は、比較的赤いトゲの緋冠竜のようすを
画像にしたものです。
2枚めの苗は、かなり赤トゲのままです。しかしトゲは細いです。
3枚目の苗は、白との斑でトゲも短いのですが、比較的お気に入りです。
この苗、一時こじれてトゲ落ちしていましたが回復してきました。
5枚目の苗は少し変わり者。青肌で赤トゲです。豪刺ではありません。


sr20161028DSCN0008.jpg


sr20161028DSCN0007.jpg


sr20161028DSCN0011.jpg


sr20161028DSCN0010.jpg


sr20161028DSCN0009.jpg





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■この記事いいなと思われたら、ぜひポチッと!
BLOGを書く励みになります。
    ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
10月27日 284 779
10月計 8,623 23,674
累計 1,709,419





アストロフィツムの変わり者 [サボテン品種]

アストロフィツムというとほとんどが兜丸トランポーしか
栽培してないのですが、ごく僅かに般若をハウスにおいています。
昔から、容易に入手出来たサボテンで、レア感はないのですが、
ハウスでは超少数派です。


sr20160916DSCN0002.JPG

↑ 白雲般若というのでしょうか、不規則に白点の集合体が
 体にまといつきます。なんとなくグイグイと大きくなっています。


sr20160916DSCN0008.JPG

↑ こちらは昔からハウスにいますが、いつの間にか
 園主に無断で、白点を失い「青般若」になりました。
 


sr20160915DSCN0014.JPG

↑ こちらはランポーですが、弱い斑がでているもの。
 寒さが感じられるようになると、弱い斑がすこし中程度の
 斑になってきます。このような弱斑の同時期実生した兄弟が
 2、3本います。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■この記事いいなと思われたら、ぜひポチッと!
BLOGを書く励みになります。
    ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
9月15日 236 510
9月計 4,115 9,130
累計 1,673,151





へこたれないサボテン、豊麗丸 [サボテン品種]

花が美しいので豊麗丸に惚れ込んでしまい、実生にまで手を染め
増やしました。
しかし肌が弱いところがあって、ダニなどには徹底的に
やられてしまいます。

ところがです、深刻なトラブルにも負けないのです。
この豊麗丸というサボテンは。


sr20160831DSCN0017.JPG

↑ これは実生苗でいい形で育っていたのですが、
 成長点をダニに喰われたようで、頂点がだめになりました。
 それから何年も経過するのですが、子どもを吹き始めました。
 自分の成長を諦め、子どもの成長に希望を託す形です。
 実にしぶといです。


sr20160831DSCN0018.JPG

↑ これは最初腐りのような状況だったのですが、
 やがて腐り部分との境界部が木質化して古傷のようになり、
 その後も成長をつづけ、毎年花も見せます。
 こちらもしぶとい生き様を見せてくれます。


sr20160831DSCN0013.JPG

↑ ホツンと開花しました。
 この花に魅惑されてしまったのです。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■この記事いいなと思われたら、ぜひポチッと!
BLOGを書く励みになります。
    ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ

にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
8月30日 306 698
8月計 8,559 21,895
累計 1,663,433





天平丸の渋さや美しさ [サボテン品種]

サボテン好きの人で、天平丸が嫌いという人は
いないだろうとは、トゲ名人のKさんの言葉です。
かくいう自分もやはり天平丸の渋さや美しさにぞっこんです。
昔はさほどではなかった気がしますが、
しだいに嵌っていくサボテンです。

丈夫な品種ではありますが成長はゆっくりで、
長い時間をかけて作りこんでいくサボテンと思います。
高いお金を出していい物を買ってしまうより、
じっくりと育てていい苗にしていく楽しみのある
サボテンと思います。


sr20160705DSCN0015.jpg

↑ 体は小さいですが長年栽培しています。
 とちゅうでこじれたり縮んだりしています。
 花をつけました。


sr20160705DSCN0012.jpg

↑ クラブのMさんのハウスで、おもわずおねだりしてしまった天平丸。
 当時に比べるとゆっくりですが大きくなり、トゲも長くなってきました。
 黒トゲ系というのでしょうか、すこし変わっています。


sr20160705DSCN0010.jpg

↑ 優美な湾曲した長いトゲが気に入っています。


sr20160705DSCN0011.jpg

↑ 昔からハウスにいる苗です。トゲが体に巻きつき、
 貫禄も出てきました。つぼみをあげています。
 やはり天平丸は渋いです。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



冬でも元気、緋冠竜 [サボテン品種]

水切りが続く中で、あまり顔色を変えないのが緋冠竜ですね。
耐寒性も強く、乾燥に対しても強いことを改めて思います。


sr20160201DSCN0009.JPG

↑ 赤トゲ系の緋冠竜です。お気に入りの苗です。
 やや萎んだかなという程度で、元気な様子はそのまま。


sr20160201DSCN0008.JPG

↑ 豪刺系の苗です。ちょっとシワが見えるかな・・・


sr20160201DSCN0002.JPG

↑ 青肌系の緋冠竜ですが、つぼみが3つ顔を出しました。


sr20160201DSCN0010.JPG

↑ 金冠竜の小さな苗です。トゲモノは乾燥に強いですね。
 変化が見られません。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

サボテン ブログランキングへ


鯱頭というサボテン [サボテン品種]

フェロカクタスの代表格のような鯱頭ですが、
栽培容易とはいえない気がします。ハウスにいる何本かの
鯱頭は、こじれたり復活したりをくりかえしながら、
すこしづつ大きくなっています。
トゲ色は黄色から赤と変化が多いとされます。
手元の苗はいずれも黄色から白といったところ。
出身が同じところなのかもしれません。


sr20160126DSCN0014.JPG

↑ こじれから復活したばかりの苗です。
 主トゲが長く、純粋な鯱頭ではない可能性もあります。
 旋風玉の雰囲気もあります。


sr20160126DSCN0015.JPG

↑ トゲが汚れてしまっているところがある苗ですが、
 このトゲの雰囲気が本筋の鯱頭の系統なのかもしれません。


sr20160126DSCN0017.JPG

↑ 10年以上前に、サボテン師匠がこれもっていく?
 ときかれ、連れて帰った苗です。この苗がいちばん丈夫でした。
 順調に大きくなっています。毎年花もつけます。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



緋冠竜の多様性とその魅力 [サボテン品種]

いつからか緋冠竜のさまざまな姿に惹かれて、
やがて実生などもやるようになり、今ではハウス内の最大派閥に
なりつつあります。
トゲもいいし花も大輪、性質は丈夫で寒さにも強いというふうに、
栽培も容易です。最近人気がなくてねという業者さんの
嘆きもありますが、またいつかそのよさに惹かれて、
人気が復活すると思っています。
ま、人気がなくても、サボテン栽培は自分の楽しみ。
緋冠竜の栽培は続けていきますが・・・


sr20151222DSCN0016.JPG

↑ この苗のようなスタイルがほぼ標準的な緋冠竜ではないでしょうか。
 大きくなるとトゲが密生した姿になり、迫力が出てきます。
 いっぽう、幼苗のころはトゲがチョロチョロとまばらなんですが。


sr20151222DSCN0020.jpg

↑ 豪刺の緋冠竜のタイプです。
 Tカクタスさんで選抜されてきた苗のいくつかです。
 小さいサイズなのにトゲが太くて長いです。
 好きなタイプですね。


sr20151222DSCN0021.jpg

↑ どこから入手したのか不明になってしまいましたが、
 細いトゲながら赤味が強い独特のタイプで、
 魅力があります。


sr20151222DSCN0017.JPG

↑ 緋冠竜は、天晃の優良種を選抜したものと思いますが、
 中にはこのような青肌で赤トゲの、別の優良種(?)が出るようです。
 天晃に近い姿で、変わり者のひとつなのだろうと理解しています。


sr20151222DSCN0018.JPG

↑ これは以前にオークションで手に入れました。
 変わっていて、むしろ武者影の変種にも見えます。
 半透明に赤いトゲで、つぶさに見ると魅力的。
 大切にしたいタイプです。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

サボテン ブログランキングへ


窓辺で窓植物を眺める [サボテン品種]

ハオリチアのオブツーサは、やはり人気があるみたいです。
肉厚の葉の先端に、光を取り入れる窓がついていて、
逆光気味のポジションに置くと葉が透き通っていて
なかなか楽しい眺めになるのです。
冬が接近してきて室内の窓辺に取り込んでいるので、
眺めるのにちょうどいいアングルです。

下の画像は、品種もよくわからないのもありますが、
一枚目はオブツーサ、三枚目はルテオローザとオブツーサの
交配種らしい。
二枚目はよくわからないですね。
いずれにしても、光を浴びてきれいです。


sr20151105DSCN0010.jpg

↑ ハオルチア・オブツーサ。


sr20151105DSCN0011.jpg

↑ 品種不明です。


sr20151105DSCN0014.jpg

↑ ルテオローザ×オブツーサという交配種といわれています。
 いろいろなものが作出されていて、名前に関しては
 お手上げです。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



真珠の形質が顕著に [サボテン品種]

2006年に実生した日の出丸の苗が、
ますます真珠に似てきて、トゲが長くなってきました。
実生の片親は真珠だったのだろうと思います。
なお、日の出丸と真珠は別の品種ということになっていますが、
あまり差はなくて、真珠の方が背が高くなりやすいこと、
トゲが日の出丸より長く伸びる傾向があること、
アレオーレから出る側トゲの形態に違いがあることなどです。
最後の写真は親株で、過去には、こじれて枯れ死する寸前まで
弱ってしまった(たぶん)真珠の株です。


sr20151104DSCN0017.jpg


sr20151104DSCN0018.jpg


sr20151104DSCN0019.jpg


sr20151104DSCN0020.jpg



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



青肌の苗 [サボテン品種]

青肌という名前がつく苗があります。
たいてい粉を吹いたような肌をしています。
日差し除けのためだという説もありますが、
定かではありません。

緋冠竜の青肌タイプがいくつかハウスにいます。
やはり独特、不思議な魅力がありますね。


sr20151021DSCN0013.JPG

↑ このところようやく成長を始めた感じ。
 青肌はあまり丈夫ではないのかもしれません。


sr20151021DSCN0014.JPG

↑ 一度こじれて、トゲ落ちしかかりました。
 なんとか持ちこたえてます。


sr20151021DSCN0015.JPG

↑ トゲの出方などみると、はたしてこれは緋冠竜なのか
 疑問もありますが、じっくりと大きくなっています。
 このふてぶてしさは、ちょっと魅力。
 今後の成長が楽しみです。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



前の10件 | 次の10件 サボテン品種 ブログトップ