So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘン顔さがし [生態]

兜丸は基本的に8稜の形態をしています。
しかし実生をすると、基本に沿わない稜の数の兜丸が出現します。
たいてい8より少ない稜数が多く、7稜、6稜、5稜などがあります。
珍しいものでは10稜のものがあるそうです。
それならば9稜というものもあるのかもしれません。


sr20160714DSCN0004.JPG

↑ このなかに7稜、6稜、5稜のものが潜んでいます。
 わかりますでしょうか。


sr20160714DSCN0003.JPG

↑ こちらにもヘン顔の兜丸がいます。
 しかし増稜して8稜に落ち着いていくことも多いです。


sr20160714DSCN0001.JPG

↑ 6稜と7稜のものがいます。
 これは分かりやすいですね。


sr20160714DSCN0005.JPG

↑ クラブのKさんが、少稜兜は好き?と訊きました。
 はい、兜丸全般を自分の専門にしています、
 と答えたかどうか記憶にありませんが、
 変わった苗だからあげるよと、抜き苗を頂いてしまいました。
 (というより根の無い株でした)
 それを鉢に植えて発根させ、花をつけたりしましたが、
 この画像にあるのは、ぜんぶヘン顔です。
 



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



新トゲバリバリの緋冠竜 [生態]

緋冠竜が元気です。真紅の新しいトゲが出てきていて、
いまいちばん成長しているときなのだなと感じます。
こういう姿はとても気分のよいものです。
小さな苗ですが、豪刺系の緋冠竜も育っています。


sr20160621DSCN0005.JPG

↑ だいぶ年数のたった緋冠竜ですが、まだまだ元気な感じ。
 すこし前こじれていたのが嘘のようです。


sr20160621DSCN0008.JPG

↑ 多毛系というのでしょうか、一つのトゲ座からやや多いトゲが出ます。


sr20160621DSCN0009.JPG

↑ 豪刺系の苗だったのですが、ふつうに戻ってきたかな?
 大きな苗の姿に移行しているのかもしれません。


sr20160622DSCN0004.JPG

↑ そろそろ根が詰まってきたようです。植え替え時期ですね。


sr20160622DSCN0002.JPG

↑ こちらが豪刺系の小さな苗です。
 将来このトゲが密生してきたらいい景色になるでしょう。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



ギムノの渋さは際立っている [生態]

ギムノたちの花の時期も終わり、本体の成長期に入っています。
新しいトゲが伸張して生き生きとしてきます。

サボテンがのびのび育っている姿を眺めるのを、
楽しみにしている栽培家の端くれとしては、
栽培の醍醐味や楽しさを感じる季節でもあります。

平凡な品種や、むしろ駄モノといわれるものでも、
生き生きとその性質が最大限発揮するようにと願っています。


sr20160619DSCN0013.JPG

↑ 天平丸の新トゲが伸び出してきました。
 ギムノの新トゲはときに妖しい感じがします。


sr20160619DSCN0011.JPG

↑ 光琳玉のやや変種。数年前に師匠のところから連れ帰りました。
 トゲが強く、花がトゲの間から出られない感じです。


sr20160619DSCN0014.JPG

↑ 新天地の株。もう何年も付き合っている古株です。
 


sr20160619DSCN0009.JPG

↑ バッテリの若い苗です。
 元気そうな苗でたぶん大きくなるはず。


sr20160619DSCN0008.JPG

↑ いぜんいただいた苗で、ラベルにはボスジンギアナムと
 ありました。あまり眼にしない品種ですね。
 ようやく環境に慣れたのか成長が始まりました。
 成長するとトゲが密生して貫禄が出てきそうです。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



つぼみ膨らむ緋冠竜 [生態]

いよいよ春という季節になりました。
まだ水やりをするには寒い日が予報されていて、
来週かなというところです。
緋冠竜のつぼみがはっきりと綿毛から顔を出してきて、
花をつけるぞという意思みたいなものを感じます。


sr20160311DSCN0006.jpg

↑ トゲの根元の綿毛からつぼみが頭を出してきました。


sr20160311DSCN0004.jpg

↑ こちらも。3つかな、4つかな・・・


sr20160311DSCN0005.jpg

↑ こちらは3つのようです。
 このトゲの林の中からつぼみが立ち上がってきて、
 頂点で開花するのですが、つぼみの紆余曲折の成長は、
 サボテンならではです。


sr20160311DSCN0001.jpg

↑ 分頭した希望丸は、ようやくつぼみがあがってきています。
 昨年はメガネのような咲き方でしたが、今年は、自転車みたいに、
 前輪と後輪になりそうです。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



緋冠竜のつぼみが徐々に [生態]

お天気のよいときに緋冠竜を眺めました。
けっこう、つぼみが膨らんでいるものだなと思いました。
水があろうとなかろうと、季節に従って活動をしていて、
花を咲かせる準備をしています。
トゲの下の綿毛の中から顔を出しています。


sr20160228DSCN0022.jpg


sr20160228DSCN0023.jpg


sr20160228DSCN0025.jpg


sr20160228DSCN0020.jpg

↑ こちらは竜剣丸ですが、つぼみが目立ってきました。
 3月のどこか、天候と相談して水やりをはじめます。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



つぼみが膨らんできた [生態]

寒い日が続きます。水切りも3ヵ月半となりました。
それでも時節を知るというのでしょうか、
緋冠竜などがつぼみを膨らませ、開花の準備をしています。
休眠したといっても仮死状態になっているわけではないのですね。


sr20160215DSCN0002.jpg

↑ 綿毛の中からつぼみの先端が顔を出しました。


sr20160215DSCN0003.jpg

↑ こちらも緋冠竜。トゲの下につぼみの先端が見えてきました。


sr20160215DSCN0004.jpg

↑ 青肌の緋冠竜にもつぼみが4つほど。


sr20160218DSCN0006.jpg

↑ こちらは真珠です。つぼみで終わってしまうことが多いのですが、
 このところつぼみの先端が伸びてきました。
 開花する気配が感じられます。
 つぼみが姿を見せてからもう何ヶ月も経過しています。
 日の出丸系は、このパターンで実に時間がかかります。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



見くびっては、いけないぜ [生態]

竜剣丸はエキノフォスロカクタス属ですが、強いトゲが魅力で
比較的好きなサボテンです。いぜん小苗を見かけて購入しましたが、
長いことホッタラカシ。


sr20160208DSCN0019.jpg

↑ 取り上げてみたら、このとおり水切りに慣れていない苗なのでしょう、
 すっかりシワシワで傾いていました。信州の冬は厳しすぎるかなと
 眺めてみると、あれ?


sr20160208DSCN0020.JPG

↑ トゲの下に、つぼみを抱いていました。生命の危険を感じて、
 花芽をつけたのかもしれませんが、けなげです。
 早くも花を見せてくれるのね。


sr20160208DSCN0022.JPG

↑ こちらは以前より栽培をしている中苗ですが、やはりつぼみが
 膨らんできています。
 竜剣丸の花は、エキノフォスロカクタスらしく、紫の中筋の入った花びらで、
 独特の雰囲気を持ちます。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



メリコ錦の青 [生態]

王妃吉祥天錦といういかめしい名前を持つ、通称メリコ錦。
この葉の青みのある緑色が好きで、株分けして増やしています。
ちょっと粉が吹いたような独特な青色に魅せられています。


sr20160126DSCN0027.JPG

↑ いまは窓辺栽培になっていますが、水分は少なめ。
 そのためか葉がやや細く立ってきています。


sr20150725DSCN0029.jpg2015年7月25日

↑ 同苗の昨年夏の姿です。すこし日陰気味の野外栽培でした。
 こちらの方がメリコ錦らしい雰囲気を持っています。
 もっと日に当てると葉が詰まってきれいになるのかもしれません。
 今年の目標です。


sr20160126DSCN0026.JPG

↑ 別の鉢です。
 こちらも葉が伸び放題です。


sr20150920DSCN0013.jpg2015年9月20日

↑ 同鉢の昨年秋の姿。
 もう少し締めて栽培する必要がありそう。
 日に当ててがっしりとした体型を目指します。



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



成長が鈍化してしまったのかな [生態]

5年ほど前にサボ友さんからプレゼントされた世界の図のカキコ。
当初順調に成長を続けていましたが、このごろ成長が
鈍化してしまった気配です。

と考えられる理由として、斑入りの斑だらけになってきたのです。
下の画像を見ていただくと、この頃成長した頂点部分は、
斑入りばかり。しかも3本とも・・・なんだろう?


sr20151231DSCN0016.jpg

↑ これじゃ栄養が作れないです。


sr20150805DSCN0001.jpg2015年8月5日

↑ 今年の8月頃の姿からあまり変化がありませんね。


sr20140713P0000019.JPG2014年7月13日

↑ 昨年、植え替えをしてあげた頃の姿で、
 これが正しい斑入りというものじゃないかと思われます。


ところで2015年もあと残り3時間ほどですね。
いつも読んでいただいてありがとうございます。
今年の後半、環境があわただしくなり更新作業の時間も
取れないことがしばしば。来春頃には時間ができるかも・・・
よい年をお迎えください。
来年も変わらずよろしくお願いいたします。


CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



さらに綴化するのかな [生態]

長年つきあってきた希望丸の綴化がはじまり、
双頭の希望丸だなと見ていたのですが、
それだけにとどまらないようです。


sr20151215DSCN0007.JPG

↑ こちらが最近の姿です。


sr20151215DSCN0008.JPG

↑ 少し頂上から眺めてみます。
 あれ?


sr20151215DSCN0010.JPG

↑ 分頭したそれぞれの頂点も、綴化しています。
 つまり成長点が横に流れていて、さらにグニャグニャと
 変形していきそうです。
 行く末を見届けないといけません・・・



CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。


サボテンバナー1.jpg


■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ