So-net無料ブログ作成

鉢サイズの選択 [固定]

鉢の種類やサイズは何を基準に選べばよいのかに関しては、
2つの考え方があると思います。
ひとつは見栄えです。
つまりインテリアとしてサボテンと鉢を飾るわけですね。
もうひとつは、サボテンが元気にすくすくと成育するために選択する考え方です。
ここでは(もちろん)後者の立場で解説します。

生育に適した鉢の条件というのは、ほぼ決まってきます。
専門に栽培をやられている方や、農家や業者の方も、
ほぼこのスタイルに沿っているのではと想像しています。
その選択基準を列記してみます。

(1)鉢のサイズ(口径)
   ほぼ、苗の径+2cm程度の口径
(2)鉢の素材、色
   プラスチック製、色は黒
(3)鉢の形状
   ラン用の縦長の鉢

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

補足の説明

(1)鉢のサイズ
 サボテンにとっていい環境とは、用土に湿りけがあり、
 水を吸えると同時に、根が呼吸する空気層があることだろうと思います。
 根も呼吸して生きていますので、水がビチャビチャと鉢内にある環境では、
 呼吸できずに根は詰まって、根腐れの原因となるはずです。 
 さて、大きすぎる鉢に植えつけられたサボテンは、
 水やりのあとで、なかなか乾かない鉢内の環境に苦闘すると思います。
 水やりの水分は、結局のところ鉢内で根に吸収されるか、
 少量蒸発するしか消費されません。
 大きすぎる鉢は根詰まりの元になります。
 自分は、鉢のサイズと苗のサイズは下図のような関係に
 なるようにしています。
 つまり苗より1cmほど大きな口径の鉢を選びます。


鉢2.jpg

  ★なお、鉢のサイズに関しては関連記事が下記にもあります。
   よろしければご参照ください。
   →鉢の大きさについての考察(2009/07/26)
   →寄せ植えの効果(2014/01/26)
   →鉢内の乾燥(2015/01/14)


(2)鉢の素材、色
 プラスチックがいいと思われるのは、水を吸わないということです。
 素焼きの鉢などは水が吸われて浸みてしまうため、その水分蒸発で
 鉢が冷えます。根はできるだけ暖めたほうが活性が高いようです。
 色が黒を推奨するのも、熱を吸収してよく暖まるからです。
 また熱容量の点でも、プラスチックは暖まりやすいと考えてます。

(3)鉢の形状
 これは経験的な知見ですが、鉢の長さ(高さ)が長いほうが、
 水やり時の水はけがいいようです。水柱の長さによるものと
 考えてます。その分、新鮮な空気の吸い込みがおこなわれると
 思います。


★なおアップした栽培法記事は、ブログの左サイドメニューに
 固定記事としてリンクを張っています。

CACTUS

■画像をクリックすると、「saborichの画像」の別サイトで、
拡大した迫力ある画像ご覧いただけます。
「ブログ」ボタンで戻れます。お試しください。

サボテンバナー1.jpg

■いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします! BLOGを書く励みになります。       ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

サボテン ブログランキングへ


サボテン栽培法 ~水やり~ [固定]


■水やりの失敗

何十年も昔のこと、自分が少年だったころに、
サボテンブームが2回やってきたように記憶しています。
当時の少年は、だれでも自分の家にフレームを自作して
高価で貴重なサボテンを買い、フレーム栽培してサボテンに夢中になっている状況でした。
友人とフレームのサボテンを眺めては、語り合ったり、比較したり、
自慢したりという日々を送っていました。

しかし当時栽培していたサボテンは、すぐ腐ったりして、大きく成長することは
なかったと記憶します。
いま振り返ると、その最大の理由は水やりにあったと思います。
当時は、普通の植物を育てるのと同様に、つねに用土が湿っている状態が
成長には必要だと信じていました。
このため、毎日眺めては水やりして可愛がっていました(可愛がっていたつもり)。
しかしたいてい下部から腐りが入って、ぐにゃっとしてダメにしていました。
高価だった明星や兜丸などが、つぎつぎと同じ運命をたどっていました。

■サボテンの性質

サボテンは、完全に乾燥し、カラカラになる状態を通る必要があると考えています。
その理由は、乾燥地帯で生き抜く体質というか特性に由来するためです。
水分の少ない地方に適応して生き延びてきた植物は、根の活動が活発で、
長く根を周囲に張り巡らせます。そして根は(活発に)呼吸をしています。
したがって、根が窒息するような水浸しの状態は得意ではありません。
根の細胞が死滅しやすい植物ではないかと思うのです。
水やりした後のビシャビシャになった用土の状態は、呼吸ができなくなるため、
根の活性が落ちていると考えてます。

しかし水耕栽培で、根の部分にポンプで空気をバブリングして当てるようにして、
栽培されている方もおられます。

■実際の水やり

このような根の特性から、水やりは次のような方法を採用しています。
(1)カラカラの乾燥期をいれる
(2)水やりのときは徹底的にやる

この2つは相反しているように思うかもしれませんが、やるときはとことんやる、
やらないときはまったくやらないという、メリハリの利いた水やり法が、
サボテンには向いているということです。

まず(1)の乾燥期ですが、鉢内の水分が完全に抜けてカラカラになるまで、
水はやりません。この乾燥状態をどう察知するかですが、自分は鉢の重さと用土の
表面状態で判断しています。カラカラになると鉢の重さは軽くなります。
この重さを覚えておくのです。

つぎに(2)の水やりですが、洪水のように徹底的に水やりします。
この理由には2つの要因が関係しています。

a.少量の水をかけるだけでは、用土全体が水を含まず、鉢の中の一部分だけに
水が流れる道ができて、その周辺だけ濡れているという状態になります。
用土全体に水やりしたことにならず、水やりしたのに乾燥していることになります。
(下図参照)

水やり4.jpg

b.鉢の上面の全体が水で封じられた状態を作るまで水をあげることで、 鉢内の不要なガスを追い出す効果を持たせることです。根は呼吸しているので、 不要なガス(たぶん酸素など)が鉢内に充満しています。水封することで、水が鉢内のガスを 外へ排出します。そして新たな空気を鉢内に呼び込みます。(下図参照)

水やり3.jpg

■大体のめやす

このように完全乾燥をつくり、また洪水のように水やりし、再び乾燥まで待つという サイクルは、南信州の乾燥気味の気候ですら10日ぐらいかかるという経験をしています。 もちろんこれは成長期の水を大いに吸う時期のめやすです。 根の活動が活発でないなら、そのインターバルはさらに延びると思います。 この乾燥するまで時間は、鉢のサイズ、用土の量、苗の元気さ加減、天候など 多くの要因で変化しますので、一概には言えません。 小さめの鉢は乾燥が速く、寄せ植えなどの大きめの鉢では乾燥は遅くなります。 なお用土のところで書こうと思いますが、水分を適度に保持して、 なおかつ、ガスの流通も可能なようなふわっとした用土が理想です。 この用土の状態によっても、乾燥するまでの時間は変化すると思います。




★なおアップした栽培法記事は、ブログの左サイドメニューに
 固定記事としてリンクを張っています。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



サボテン栽培法 はじめに [固定]

自分の行っているサボテンの栽培法について解説するコラムです。
よく栽培を始めたばかりの方から、栽培についてあるいは病害虫や薬剤に関して、
質問を受けることがあります。これら栽培法に関連する事柄を
まとめておこうと思います。

ただしご紹介する栽培法は、栽培地の気象環境などに依存しています。
栽培地が異なれば、多少修正する部分も必要になります。
あくまで、こちらではこんな栽培をしているという
参考情報として受け取っていただければと思います。
なお、当方の栽培地は、長野県の駒ヶ根市の山間で、標高は約700mほどです。
寒冷地に属する地方で、朝晩の寒暖差はおおきく、湿度は低めです。
冬の時期の最低気温は、明け方で零下8度ほどとかなり寒いところです、

記載しようとする内容は、おおむね以下の項目です。
適宜、追加して内容を充実させていきたいと思います。
また改定が必要な場合には、修正を加えます。

(1)水やりの方法
(2)温度の環境
(3)鉢サイズの選択
(4)植え替えの頻度
(5)用土
(6)植替え
(7)病害虫対策
(8)その他

★なおこれらのアップした栽培法の記事は、ブログの左サイドメニューに
 固定記事としてリンクを張りました。どうぞご利用ください。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いいなと思われたら、ポチッとクリック応援よろしくお願いします!
BLOGを書く励みになります。
      ↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


サボテン ブログランキングへ



タグ:栽培法