So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

夏に咲いた豊麗丸 [花]

豊麗丸の花は清楚で美しいものです。
ふつうは5月ころに、あちこちの苗に花がいっせいに開いて、
一日で終わるのですが、ことしは2度めの夏の花が咲きました。
本来は多花性で咲くのかもしれません。


sr20180630DSCN0008.jpg2018年6月30日

↑ この苗はむかし実生したもの。白花と赤花を交配しました。
 ピンクを狙ったものですが、あんまり色がパッとしませんね。


sr20180630DSCN0011.jpg2018年6月30日

↑ こちらはもとからピンク花の苗です。
 やはりこの薄いピンクの花はお気に入りです。


sr20180630DSCN0009.jpg2018年6月30日

↑ こちらも元からピンクの花の苗です。


sr20170517DSCN0003.jpg2017年5月17日

↑ 昨年5月に咲いたピンク花ですが、5月の花はイキがいいという印象です。


sr20180630DSCN0010.jpg2018年6月30日

↑ もう勢いが、ない感じです。夏花の限界でしょうか。




■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
7月1日 398 1334
7月計 398 1,334
累計 2,062,011






nice!(0)  コメント(0) 

豊麗丸のうすピンクの花 [花]

5月の後半に、豊麗丸が開花時期を迎えます。
今年はやや遅い印象です。いや見逃している花もあるので、
見ていないだけなのかもしれません。
蓮のような清楚な花のたたずまいは格別です。
ただし、花は一日しか持ちません。
すぐ萎れてしまいます。まさに、はかないです。


sr20180610DSCN0015.JPG


sr20180610DSCN0016.JPG





■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
6月11日 263 792
6月計 3,040 7,155
累計 2,041,059






nice!(1)  コメント(0) 

緋冠竜の花が咲きました [花]

少し前ですが、緋冠竜の花が咲き揃いました。
トゲも、姿も、花も派手なサボテンで、お気に入りですね。
紅白対決の花もアップしました。


sr20180419DSCN0007.jpg

↑ ちょっと派手目に咲いてます。
 標準の光沢感のある純白系の花ですね。


sr20180419DSCN0010.jpg

↑ トゲは赤いのに花は白です。トゲが邪魔して花が十分に開かないです。


sr20180419DSCN3016.jpg

↑ トゲは白です。花はうっすらとピンク色。
 変わった景色です。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
4月23日 311 679
4月計 7,147 16,130
累計 2,013,365






nice!(0)  コメント(0) 

春の花 [花]

水やりをするときに、すでに花がいくつか咲いていて、
オヤと思うことがことがありますね。


sr20180401DSCN0004.JPG

↑ サブダクタが満開状態でした。


sr20180401DSCN0001.JPG

↑ 菊水の最初の花が咲いていました。
 つぼみが上がってきているので次々咲くでしょう。


sr20180331DSCN0005.jpg

↑ 竜剣丸の花が咲きました。
 やはり見るたび、個性の強い花だなと思います。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
4月2日 325 835
4月計 653 1,603
累計 1,998,467






nice!(0)  コメント(0) 

兜丸の生存率と開花 [花]

兜丸は春から秋までよく花を着けます。
ハウスを覗くと、何本かは同時開花していました。
花の多さは、種子をつくり子孫繁栄の意思の強さの現れです。
また実生が比較的やさしく、たくさん苗を増やすことができます。
そして途中でよく枯れたり腐ったりします。
寿命もせいぜい20年くらいで、15cm径まで育つのは稀ではないかと
思います。

つまり兜丸は、寿命が短く、世代交代の激しいという宿命を
負った品種なのだということです。
この点で、柱サボテンや強刺サボテンとは対象的な
ポリシーを持つ品種なのだと思いますね。

兜丸が理由なく枯れたりすることは、多々経験しますが、
所詮そのようなサボテンなのだと、割り切る(なぐさめる)
ことにしています。


sr20170908DSCN0002.jpg


sr20170908DSCN0004.jpg


sr20170908DSCN0005.jpg


sr20170713DSCN0007.jpg

↑ 少し前にたくさん咲いたようですが見逃しました。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
9月7日 255 518
9月計 1,862 3,762
累計 1,901,472






nice!(1)  コメント(0) 

初の開花かも [花]

今年、はじめて開花したかなというギムノ苗が
いくつかありました。ようやく一人前になったのですね。


sr20170611DSCN0018.JPG

↑ 普通の天平丸です。小さい苗を昔入手して、
 ようやく開花球となりました。
 いまは特徴もあまりありませんが、成長したときに、
 整然としたトゲがいい感じになるかもと期待しています。


sr20170611DSCN0021.JPG

↑ バッテリの小苗。トゲが長くてしっかりしています。
 成長が楽しみな苗です。


sr20170611DSCN0023.JPG

↑ 海王丸の小苗。体のわりに派手な花を咲かせました。
 ギムノのなかで海王丸は美花種ですね。


sr20170611DSCN0020.JPG

↑ こちらは初開花ではありません。光琳玉の古株です。
 光琳玉は人気がありますが、ちょっと栽培が
 難しい感じがあります。






■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
6月10日 291 604
6月計 2,875 5,720
累計 1,856,325






ロフォフォラの活動開始 [花]

ロフォフォラの花が咲き始めました。
実生苗たちも、早く活動開始した様子です。
昨年は、これら小さい苗はほとんど動かず、休眠している感じでした。
2年木という2年毎に活動が活発になるものがありますが、
そんな性質なのかもしれません。ということは、今年は
活発に活動し、花もたくさんつけるということになります。


sr20170529_2DSCN0008.JPG

↑ 実生苗たちも頂点から綿毛を盛んに出すようになり、
 花も実もつけるようになりました。烏羽玉のはずですが、
 綿毛が多く、なんとなくいい姿になりそうです。
 左の子は昨年、ダニ被害にあったようで肌が荒れてます。
 早く下に回るように・・・


sr20170529_2DSCN0009.JPG

↑ こちらの実生苗は、昨年ペタンコのままでしたが、
 今春、そうそうに膨れてきました。
 頂点の綿毛が出はじめて、つぼみも見え隠れしています。


sr20170603DSCN0008.JPG

↑ ディフューザですが、花を見せています。
 目立たないけれど・・・


sr20170603DSCN0009.JPG

↑ こちらもいちおう花を着けています。


sr20170604DSCN0009.JPG

↑ ディフューザのカキコですが、比較的綿毛がながくて、
 身にまとい始めています。モシャモシャになっていくのでしょうか。
 楽しみではあります。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
6月5日 336 667
6月計 1,481 2,981
累計 1,853,522






ギムノの花 [花]

ギムノの花がいくつか咲いています。
ギムノの中には、美花系の花が多いですね。
咲く季節になると楽しいですね。


sr20170522DSCN0035.jpg

↑ 多花玉だと思いますが、好きな花です。
 似た品種としてモンビレーがあります。


sr20170522DSCN0033.jpg

↑ 海王丸の大輪の花です。
 ほぼ純白で光沢感のある色彩です。


sr20170518DSCN0012.jpg

↑ アチラセンセのピンクの花です。
 やや栽培がむつかしいところがあり、
 きれいな球体に育てにくい感じです。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
5月28日 290 572
5月計 8,950 18,177
累計 1,849,027






豊麗丸開花の季節 [花]

いよいよ豊麗丸の花の季節になりました。
この花の咲くさまを、いつも楽しみにしていますが、
強い香りをハウス内に放つので、咲いたなとわかります。


sr20170518DSCN0004.jpg

↑ 最初に咲いた花はややピンクがかった白、同じ株に
 翌日咲いた花はピンクで、微妙に異なる色彩で咲いています。
 花桃にも、このようなミックスがありますね。


sr20170518DSCN0005.jpg

↑ 別の株でこちらはピンク花です。
 他の苗もつぼみがつぎつぎと伸びてきているので、
 しばらく花が楽しめます。





■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
5月17日 344 663
5月計 5,638 11,418
累計 1,842,130






派手だね [花]

だいぶ更新がとだえてしまいました。
5月の前半は、連休中に孫たちがやってきたり、野菜畑の土作りと
苗の植え付け、それにバーベキューガーデンの手入れをしたり、
このごろ元気にボウボウに生えてきた雑草刈と、
なんだか作業がたくさんやってきて、サボテンのお世話に手が回らないです。
ハウスを見ると花が咲いていたりして、画像だけは撮っておきました。

苗が野性的だと花も派手なものだと感心します。
このごろの派手な花たちです。


sr20170512DSCN0004.jpg

↑ 翆平丸の開花です。


sr20170508DSCN0027.jpg

↑ この翠平丸の開花前。頂点付近の綿毛の中から
 もっこりとつぼみが出てきます。独特な景色です。


sr20170512DSCN0006.jpg

↑ 緋冠竜ですがすこし変わり種。
 花も大きく、花弁はやや細いですね。


sr20170512DSCN0018.jpg

↑ 斑入りの交配種の兜丸ですが、なにが混じっているのか、
 花もガツンと八重咲きで咲きます。






■画像をクリックすると、迫力ある大きな画像がご覧いただけます。
「saborichの画像」の別サイトへ飛びますが、「ブログ」ボタンで戻れます。
お試しください。


サボテンバナー1.jpg




サボテン ブログランキングへ



■アクセス数 (投稿時の集計)
     
集計 訪問者 ビュー
5月15日 403 907
5月計 4,985 10,138
累計 1,840,964